1. クリニックサンプル4

  2. クリニックサンプル3

  3. クリニックサンプル2

  4. クリニックサンプル1

クリニックサブタイトル

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

  1. クリニックサンプル4

  2. クリニックサンプル3

  3. クリニックサンプル2

  4. クリニックサンプル1

施術方針

当院ではあなたがあなたの力で体を回復させてもらうことを一番に考えています!

その為には体に蓄積された毒素の排除が不可欠です!

我々はあなたに施術はもちろんのこと解毒・回復させるための方法などをご指導させて頂きますのでしっかりと取り組んでいただきたいと思います!

内臓ZERO洗浄施術

内臓洗浄ってなに??と思い方は多いかと思います。

腰痛施術をメインですが、首痛、四十肩、ひざ痛その他疾患、病気に対して治療を行うわけではありません。全身を見て生活背景を見て、あなたが本来持っているはずの自然治癒力や免疫力を正常に戻すことで患者様自身が本来の健康な身体になりお悩みの症状を自らの治癒力で改善させていく方法です。

さらに言えば毒をを体から排出する調整や方法を薬草の使用方法などをレクチャーいたします。特に疲弊した内臓から毒素の排出をゆっくりと行っていきます。

当院で行う施術の流れ

党施術は原因を1つだけとは考えていません。そのため毒素の排出だけに固執するわけではくぁりません。ゆがみ及び体のバランス、関節に可動性、筋肉の柔軟性、内臓の活性化、神経の活性化などを調整するのが内臓ZERO洗浄です。

経絡を整えます

東洋医学では病気を見るのではなく身体の状態を診ていきます。気・血・津液の滞りを改善し本来あるべき身体の状態にすることにより結果的に病態に良い変化を及ぼしてくれます。

骨格のバランスを整える

リウマチの施術というと、どうしても関節にだけ目がいってしまいがちですが、全身のバランスを整えるということは非常に重要です。

リウマチは、東洋医学では風邪、湿邪、寒邪よっておこるとされています。さらに「水毒」に分類され、身体の流れの滞りからの病とも言われています。
水の流れが悪くなってしまっている歪んだ身体を整え流れの良い体を作ります。

一部に負担がかかっていた関節も、全身のバランスを整えることで負担がばらけることで、正しい身体の使い方ができるようになります。

筋肉へのアプローチ

強い痛みに耐えていたり、かばうことでさらに間違った身体の使い方をしている為、筋肉が異常に硬くなります。
関節の痛みや可動域の悪さ、手のこわばりというのもこの筋肉の緊張が一つの原因となっています。

筋肉が異常に緊張した状態が長く続くと、ますます関節の動きが悪くなったり、変形につながることもあります。

そこでこの筋肉に対して、「ゆるませる」というアプローチをします。(逆にゆるみすぎている筋肉に対しては、場合によって引き締めこともします)バランスが重要です。

そうすることで関節の可動は広がり、変形の抑止にもつながります。

関節へのアプローチ

関節は血液が滞りやすい場所でもあり筋肉の緊張を高める箇所でもあります。関節の可動性を出すことは重要と考えます。関節が動かないと滑らかな動きや複雑な動きをさまな

リウマチの場合でも特徴として最大のポイントである滑膜の腫れがあります。この滑膜の腫れが長期間続いてしまうと軟骨が減り、骨びらんが起きて最後には関節の構造物そのものが破壊され恐ろしいことになります。

関節が破壊され動かなくなるというのは、非常に不便です。それを防ぐべく、関節へのアプローチをします。腫れの無い状態を維持させることで、関節破壊を抑止します。

ヒト幹細胞培養液の導入で神経の活性化

再生医療の大本命である幹細胞培養液を、エレクトロポレーションという特殊な機械を用いて、関節に導入(塗布)します。

ヒト幹細胞上清液点鼻療法

通常の幹細胞培養液よりエクソソームが多く入っています。

幹細胞培養液には、さまざまな有用な成長因子が含まれ、その一つに「すぐれた抗炎症作用」があります。
炎症が強く、動きの良くない関節に培養液を導入することで、炎症や痛みが軽減し、可動域を広げる効果が期待できます。

*当センターで使用するヒト幹細胞培養液(正式名:ヒト脂肪細胞順化培養液)は、安心安全な100%国内原料国内製造のものを使用しています。


*再生医療について詳しく知りたい方は、名古屋大学医学部名誉教授 上田実先生のこちらの本を読んでみてください

正常な動きを覚えさせる

痛みや腫れ、身体のゆがみなどで正常な動きができなくなってしまっていたり、
力が入らない、動かすと痛みが出るという状態は、身体が間違った動きを覚えてしまっているのです。

人間の身体というのは、動きを記憶しているのです。(条件反射はこれにあてはまりません)
元々は正しい動きをしていた身体(関節)も、痛みをかばっている過程で間違った動きを記憶してしまっているのです。

そこで、正しい動きを身体に覚えさせる(思い出させる)というアプローチが非常に重要です。
本来できていた動きですので、その動きに導いていくよう、筋肉や靭帯、関節などにアプローチしていきます。

また、関節が破壊されたことによる変形があって動かせない場合、その破壊は元には戻せませんが、「今の状態での100%の動きを取り戻す」ことを目指します。
関節の動きが改善されていくと、日常生活で不便だったことが非常にスムーズにできるようになっていきます。

自己療法指導

定期的に施術を受けることも大事ですが、さらに重要なのがこの自己療法です。
リウマチを回復させていくためには、1回の長い施術よりも、日々のケアが絶対に欠かせません。
そこで、一人一人の状態に合わせた自己療法をお伝えします。

寝起きのこわばりがあるとき、仕事や家事の合間、お風呂の中などいつでもどこでもできる簡単かつ効果的なものや一日の疲労を取るためのものなど。
これらを繰り返し行っていくことで、本当に良くなっていきます。

私自身、病院や薬での治療を否定しているわけではありません。
定期的に病院に行き、ご自身の状態を把握するということも大切です。
私の妻も薬を服用していましたし、当時そのおかげで痛みが軽減していたのも事実です。

しかし、本当にリウマチを良くしていくためには、薬だけに頼るのではなく、良いと思われることはすべてやっていくべきと考えます。

疲労をためないよう睡眠時間をしっかり取る
食事の内容を見直す
身体を冷やさないように気をつける
ストレスをためこみすぎないよう気をつける
日常生活でもできることはたくさんあります。

そういった中でも、「身体のケア」というのは非常に重要です。

生活も見直さず、身体のケアもせず、薬だけに頼った治療をしていた場合、
仮に痛みが無くなっていたとしても、薬の副作用で断薬せざるを得ない状況になることだってあります。

また、「薬でずっと調子良かったんだけど、最近効かなくなってきたのか、痛みが強く出てきた」という方も大勢います。
そういった場合、薬の増量や強い薬へのステップアップを繰り返していくことになりますし、
痛みに対するストレスや経済的な負担も非常に大きくなっていきます。

そんな状況は絶対にイヤ。
何とかしてこの痛みのある生活から抜け出したい!
絶対にリウマチを良くして、また不自由の無い生活を送りたい!!

カラダ免疫向上センター埼玉は、そんなあなたを精一杯サポートします。
まずは一度ご相談ください。
きっとあなたのお役に立てる自信があります。